授業をするアルバイト

子供に勉強を教えるアルバイトに、塾講師と家庭教師のアルバイトがあります。 塾講師と家庭教師のアルバイトの違いですが、塾講師の方が教える生徒の数が多く、 家庭教師はマンツーマンで教えるケースが多いようです。 ただ、塾講師のなかには、個人指導塾のようなものがありますから、 塾講師だからといってマンツーマンでないとは限りません。 塾講師をする場合は、契約を塾と交わしますが、家庭教師の場合は、 一般家庭の保護者から依頼を受けて勉強を教えます

ただし、これも家庭教師専門の派遣会社がありますから、 派遣会社と契約して、そこから時給をもらいながら一般家庭の保護者を紹介してもらうという方法が あります。 塾講師と家庭教師のアルバイトでどっちが向いてるかですが、 塾講師の場合は、塾と契約することになりますから、塾 の教育方針に従って教えることになります。 自分の教え方と塾の教育方針が合わないと教えにくいという場合があるようです。 その点家庭教師の場合は一般家庭の保護者と直接契約しますから、 自由に教えることができます。

ただし、保護者や生徒となんらかのトラブルが起こった場合は、 家庭教師は自分ひとりで解決しなくてはなりません。 塾と契約している場合は、塾が間に入って解決してくれるでしょう。 授業の準備や使用するテキストの内容など、すべて自分で決めたい場合は家庭教師、 一般家庭の保護者との契約が面倒という場合は、塾をお選びになるとよろしいのではないでしょうか。



《外部リンク》
家庭教師、塾講師のアルバイトについてそれぞれ書いておりますが、塾講師の仕事を探すなら参考になります ⇒ 塾講師 仕事